Amazon Flexは40万で開始可能!こんな初期費用が必要

どうもー「副業軽貨物ドライバー」Ash!です。

Amazon Flexをこれから始めようと考えている人に向けた、Amazon Flexの初期費用を紹介する内容になっています。

Amazon Flexの初期費用

軽貨物車 340,000円

初期費用のほとんどを占める軽貨物車は、ピンキリで新車にすれば100万は超えてきます。

僕は初期費用をかけたくなかったので「スズキのエヴリィ」を34万円で購入しました。

ポンコツ買ってすぐ故障して余計高くついたりするので、信頼できるディーラーで買うとか詳しい方に見てもらうとかしたほうがいいですね。

黒ナンバーにできれば何でもOKなので、それ荷物乗るの?みたいな車もたまに見かけます。

自家用車を兼ねて購入するのもありだし、レンタルでやっているかたもいます。

自動車保険 151,680円(月額12,640円)

自家用に比べて高く、「損保ジャパン日本興和」の最安でこの価格でした。

ネット保険は営業ナンバーの取り扱いをしていないのと、等級が最初からなので高くついちゃいますね。

事故ったときに有利になる「弁護士特約」が付いているのがおすすめです。
月払いも選べます。

保険料を安くするなら
自家用車で登録して他の等級を引き継いでから、黒ナンバーに変更すると等級を引き継げます。

登録したり変更したりで時間がかかるので、ちょっとめんどくさいかも。

駐車場 24,000円

月額6,000円の2ヶ月分の料金と1ヶ月分の契約費用です。

台車 8,458円

TRUSCO(トラスコ) カルティオ 折畳 780×490 黒 MPK-720-BK

音のしないタイプでストッパーなしを買いました。

モバイルバッテリー 3,500円

コードの付け外しを車降りるたびにやるのがめんどくさいので、バッテリー内蔵のスマホカバーに落ち着きました。

置けば充電できるやつは、置く時間少ないから充電減っていくのでNGでした。

予備で普通のモバイルバッテリーと、電池で充電できるタイプを車に置いてます。

初期費用は低くして、ダメさっと撤退しちゃおう

始める前はこれでやるぞー!っと意気込んでいても、実際に働いてみるとやっぱり向いてなかったっていう事もあると思います。

初期費用が低ければ撤退もしやすくなります。

「負けること考えてリングに立つバカがいるかよ!」と猪木さんなら言うでしょうが、リングじゃないんで許してくれると思いますww

Amazon Flexは、初期費用が低く始めやすい

40万なら副業として始めることも可能ですし、仕事に向いていなくて辞めるにしてもダメージが少なくて済む金額だと思います。

小さな飲食店を始めようと思ったら300万、辞めるにも原状回復で100万くらいかかったりします。

Amazon Flexは軽貨物だけ買えばOKで、Pick Goやハコベルみたいな他の仕事も併せてできます。

週50時間で40万、手取りで30万は超えてくる仕事に魅力を感じるなら、スタートしてみてはどうでしょうか?

大人なので、判断は自己責任で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です