Amazon Flex 名古屋 2戦目 ゼンリン配達アプリを導入

こんにちは、Ashです。
アマフレ2戦目は、7時から15時の8時間。

名古屋のステーションまで1時間かかるところに住んでいるので、4時半起きです。

眠いー!

結構みんな遠いところから来てて、豊橋や三重県の鈴鹿なんて人もいらっしゃいました。

遠くから来る価値を感じてAmazon Flexには期待してるってことですね。

今日は、瑞穂区がメインのエリアです。

今回はココに注意してやってみる

・ゼンリン 配達アプリを使う
・MAPを見て近いものは配ってしまう
・サポートの電話は移動中に

ゼンリン 配達アプリを使う

配達アプリは住宅地図という「マンション名」「1戸建ての表札」「町名、番地」が見れる必須アプリです。

名前や周辺の物件を見れるので、1件1件家を不審者のように物件を探す必要もなくなりました。

初日はGoogleMapで着いてから物件を探すのにかなり時間がかかりました。

ピンずれや1本裏だった時や入り口が奥まった場所にある場合探すのに時間がかかります。

配達アプリを見れば、裏の道か!とか入り口はこっちね!といった感じでかなりの時間を軽減できます。

ピンずれ

Amazon Flexの地図は「前回スワイプで完了した場所」にピンが出るので、
前回の人がスワイプを忘れて遠くでやってしまうと物件から離れた場所にピンがずれて表示されてしまいます。

MAPを見て近いものは配ってしまう

今のところルートがぐるーっと回って配る前提でできているので、

端っこに不在が残ると不在周りに戻るのに時間がかかります。

今日は近いものは行ってみました。

ただ、ルートどおりにいってくださいとステーションのホワイトボードに書いてあったので、順番通りに行くのが無難なのかな?

効率悪いので、今のところ近いものはついでに行ってしまう方針でやります。

サポートの電話は移動中に

サポートの電話は荷物番号が必要となることが多いので、移動しながら荷物番号伝えるのは危ないのでヤメ。

安全第一で運転中は、運転に集中。

今日の結果

47個持ち出し
41個配完
6個不在

荷物の積み方書いてある通りにやってるんだけど、着いてから荷物を探すのにすごく時間かかる。

思い切って次回は「あいうえお順」でやってみようかな。

宅配ボックスがあるマンションで、空きなしの絶望感がすごい。

宅配ボックスがあるか事前にわかるといいけど、10階以上なら宅配ボックスありそうくらいしかまだ予想できない。
なんかコツがあるのかな?

駐車した場所が悪くて、車を出そうとしたおばちゃんににらまれちゃいました。

駐車位置は難しいけど、邪魔にならないことをもっと気を付けないと。

今日の反省点と次回の改善点

<反省> 荷物探すのに時間がかかる
<改善>あいうえお順で積む (5分短縮)

<反省> 宅配ボックス空きなし
<改善>早めに配る (不在荷物減)

<反省> 駐車して近隣住民に迷惑をかけた
<改善>邪魔にならないところに駐車 (トラブル防止)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です