【初心者必見】Amazon Flex アプリの使い方

おはようございます。
最近レスキュー続いているAsh!です。

レスキューは配達している人のヘルプの事で、初心者が多い日や荷物の少ない日に担当することが多いです。

レスキューを何回かしてアプリの使い方に苦戦されている方が多かったので、アプリの基本的な使い方をまとめてみます。

これから初めてのAmazon Flexに挑戦する方、何回か入ったけど復習したい方に役立つ内容になっています。

現在の目的地から配達までの流れ

荷物の受取りを完了すると最初の目的地が表示されます。
この画面に戻りたいときは、左上の3本線メニュー「現在の目的地」から確認することができます。

最初にオレンジの「移動を開始」をタップ(押す)します。
次に目的地に向かうために次の住所を長押しでコピーします。

コピーしたら「グーグルマップ」や「ヤフーカーナビ」にペースト(貼り付け)して移動します。

現在地は青丸で表示されて、配達場所は「配達」と書いたピンで表示されます。

メモ
「配達」のピンはずれている事があるので、GoogleMapで移動するのが無難です。

僕はGoogle Mapで移動して、配達アプリ(ゼンリンの住宅地図)で確認して配達しています。ピンは、ほとんど確認しません。

指定ありのマークがあるときは、宅配ボックスや玄関への置配、時間指定があるので注意します。

住所に到着したら、到着をタップして荷物をスキャンします。
スキャンの画面に懐中電灯のマークがあるので、夜はライトをつけるとスキャンしやすいです。

荷物を渡したら、誰に渡したかをチェック&スワイプして完了です。
完了すると次の目的地が表示されます。

不在や住所がみつからない!配達できなかった時はどうする?

不在や何らかの問題がある場合、右上のヘルプをタップすると下のメニューが表示されます。


memo
ピンに近づかないと「到着」がタップできないので、荷物がスキャンできません。ピンがずれている場合は、「住所に到着しましたが、GPSが機能していません」を選ぶと「到着」の扱いになるので、荷物をスキャンすることができます。

お客さんに連絡したいときは、ヘルプの一番上に「名前に連絡」をタップするとAmazonから電話がかかってくるので受けるとお客さんにつながります。

不在は、配達できません→不在を選びます。
不在時はお客さんに連絡すると実は家にいたり、置配できたりするのですぐに連絡をおすすめします。

連絡してもつながらない場合は、不在票を書いてポストに入れます。

配達できなかった荷物には、シールを貼って理由を明記します。
CU・・不在
BC・・営業時間外
UTL・・住所不明
UTA・・宅配ボックス指定なのにオートロックで入れない
NSL・・指定場所が不安全

リストは、時間指定や遅延が一覧でわかる

荷物には「時間指定」があります。
8-12、14-16、16-18、18-20、19-21の 5パターンです。

配達の一覧を見て、時間指定を把握します。
左上のメニューから「今日のルート」を選びます。

リスト、地図、まとめというタブメニューの「リスト」で一覧を確認することができます。

時間指定の荷物には、水色の時計のマークが表示されます。

横には、指定の時間が書いてあります。

ルート通りでは時間指定に間に合わない
ルート通りに配達するとルート後半に時間指定があると間に合わないことがあります。
一覧で時間指定を把握して、指定の1時間前くらいになったら順番を飛ばして配ります。
時間指定の1時間前になると「優先度」と表示されます。

時間指定の時間前に荷物をスキャンすると、時間指定ミスとしてアカウントの健全性に悪影響します。

スキャンする前に時間指定内か確認しましょう。

遅延の荷物はお客さんに確認しましょう

遅延と表示された荷物は、時間指定に遅れたことで不必要かもしれないので、 お客さんに配達が必要かを確認する必要があります。

アプリには電話して確認すると表示されますが、僕はお客さんに会って確認します。

電話だとトラブルになりやすいし、対面すると全然いいよって受け取ってもらえます。

前担当の人が配りきれずに遅延した荷物も結構ありますが、お客さんにとっては関係ないのでごめんちゃいしてます(・∀・)

お客さん理由の遅延
CU(不在)のシールの貼ってある遅延は、時間指定に届けにいったのに不在だったという理由なので謝るとびっくりされます。

地図で現在地に近いものを配りたいときは?

時間指定でルート順を飛ばした場合、もとのルートに戻るのは時間のロスになります。

今いる場所から近い荷物を探すには、左上の3本線メニューから「今日のルート」→「地図」を選びます。

青丸で表示された現在地から近い番号を選ぶと、近い住所を配ることができます。

ルートも完ぺきではないので、マップで配った方が効率が良い場合もあります。

まとめで配達完了、 問題、未配達の数や詳細がわかる

左上の3本線メニューから「今日のルート」→まとめを選ぶと配達完了、問題、未配達の数が表示されます。

不在や住所不明などの問題がある荷物は、問題→再試行を選ぶと荷物が表示されて住所を確認することができます。

下の画像の「目的地の問題」は物件数で表示されます。
最終的な不在やキャンセルの荷物数を知りたい場合は、下の「荷物と機器の問題」をタップすると荷物数で表示されます。

再試行不能ってなに?
問題のメニューの次に「再試行不能」と表示される荷物があります。これはお客さんが不在票で時間指定をしたり、返品した「キャンセル」の荷物です

アプリに慣れれば、あとは配るだけ

レスキューした中には宅配経験者もいて、アプリの使い方に苦戦されていました。

Amazon Flexは、同じ場所を何度も配って覚える今までの宅配とは違うのかもしれません。

アプリの使い方さえわかれば、配る事に集中できるので遅延や未配のリスクも減ると思います。

アプリの使い方に慣れていない人の役に立てればと思っていますので、使い方でわからないことがあれば、メッセージくださいね。

2 COMMENTS

758

はじめまして。知りたかった事ありがとうございます。初日、なんとかなるやろうとアマゾンのアプリだけで出発し40持ち出しの30持ち帰りという大失態をしまして、センターでみんなから冷やかな目、青ベストから罵倒され落ち込んでました。これを参考に次やってみます。

返信する
3byo-ash

758さん
説明なく始まるのでトラブってしまうと焦りますよね。
アプリの使い方は慣れれば簡単なので、グーグルマップと配達アプリ(ゼンリン )で95%はたどりつけますよ。
それでも見つからない場合は近所の人に聞くのが有効なのでぜひ^_^

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です